MY HOUSE

アドレス

鈴原山肉店

自ら単独で狩猟した鹿や猪などの山肉(=ジビエ)を、自ら解体して販売する処理施設&精肉販売のお店です。

meatshop_image01
「感覚を研いで、野生動物に挑み、尊厳を貴び、山の恵みとして、命をいただく」

meatshop_image02
MYHOUSEを取り巻く鈴鹿山脈の持続可能な暮らしの範囲で、
鹿や猪などの大型哺乳類を中心に狩猟をしています。

meatshop_image03
無雪期は罠猟「括り罠」をメインとし、積雪期には一人鉄砲を担いで山に入り
痕跡を辿る単独銃猟「忍び猟」を狩猟スタイルとしています。
意識しないと気づかない山に残された足跡、食痕、糞、角研ぎ、ヌタ場、泥擦り、牙かけ、寝屋、匂い。
静かな森で痕跡を咀嚼し、見えない対話を繰り返しながら、対象を想います。

可能な限り毎日山に入り、五感を磨いて少しの変化も見逃さない。
狩猟は野生動物と人間との命をかけた真剣勝負です。

meatshop_image04
山から頂いた獲物は、鮮度を落とさないようその場で血抜きをし
罠で捕獲したものは生け捕りにこだわっています。
迅速に自社解体処理場へ運び納得いくまで丁寧に解体したあと、
低温熟成して肉の質を高めます。

meatshop_image05
家畜と違って、季節や雌雄、年齢、食性嗜好などにより、同種でも味のばらつきがありますが、
その個体差を楽しむのも山肉(=ジビエ)の醍醐味の一つです。
古来より貴重なタンパク源として利用されてきた鹿や猪などの「山肉」を
命を奪う以上、最高の状態で提供し味わってもらいたいと思います。


meatshop_image_price01
価格表

*近日公開予定です。



© 2009 Yoshihiro Yasuda